三谷研爾

みたに けんじ

ドイツ・オーストリア文学/中欧文化論19 世紀末から20世紀初頭の世紀転換期に、プラハからあらわれたドイツ語作家たちの文学。また、ベルリン・ウィーン・プラハの都市空間の形成史。

メッセージ

大学に入って最初の2年間、哲学もしくは西洋史を専攻するつもりでいました。ところが急転直下、ドイツ文学に進むことになったのは、その当時活発だった1920年代の文化史・思想史研究の本に触発されたからです。それが発端ですので、建築・絵画・音楽はもちろん、哲学や社会学や人類学などもつまみ食いする「雑学派」である点は、今もまったく変わっていません。ドイツ語だけでなく英語や日本語のテクスト、あるいは地図や図像を可能なかぎり深く読み、あとはできるだけ囚われなく自在に思考すること。こうした作業にもっともふさわしいのは都市であり、したがってウィーンやベルリン、プラハやブダペスト、さらに上海や東京に惹かれ続けています。ただ最近、以前にもまして日本語にこだわるようになりました。自分の日本語の限界に挑みながら、文章を紡いでいく時間はほんとうに楽しいひとときです。

© 大阪大学文学部ドイツ文学研究室 2014